迎合 する。 迎合しない生き方をしている人は敵を多く作ることになるか?

迎合しない生き方をしている人は敵を多く作ることになるか?

する 迎合 する 迎合

「 迎合主義」=相手の考え方に合わせようとする考え方。

7
個体が違うのだから、意見が違うのは当然なのだけれど、批判されたり、相手の意見を受け入れられないようなことでも、「譲歩」という形の「迎合」を行ってしまう場合が多々ある。 大衆迎合主義は度が過ぎると足下をすくわれる可能性がある 迎合の言葉の意味として、あまりポジティブな疲れて方はしていないという事が分かる例文になっています。

迎合しない生き方をしている人は敵を多く作ることになるか?

する 迎合 する 迎合

概念 [ ] ここ数世紀の学術的定義は大きく揺れ動いており、「人民」、、「超党派的政策」へアピールする政策、もしくは新しいタイプの政党へのレッテルなど、しばしば広く一貫性の無い考えや政策に使われた。 「迎合」と「協調」には以下のような違いがあります。

「迎合」の英語は「flatter」 「迎合」で最も適切なのが「flatter」「pander」でしょう。 たとえば、最初の友だちも、 その友達に対して本当に興味があるのでしたら、 その人が好きなアーティストについても、 よく知りたい、聞いてみたい、というような 関心が自然と湧くのではないですか? 迎合でも自己主張でもない第三の選択肢とは、 興味をもって相手の話を聞く、ということです。

迎合する

する 迎合 する 迎合

<例文>• 会社で昇進すると、当然給料も増えて生活に余裕が出ます。 職場でいみじくも「お調子もの」と呼ばれている人もいると思いますが、「阿諛迎合」が浸透している職場なら逆に良い意味でとらえたほうが先々明るいかもしれませんね。 例えば、休憩中に「不適切」な会話に加わらないということなどです。

11
迎合が持つ期間は短い しかし、関係が浅いうちこそ「物分りが良い人」「なんでも言うことを聞いてくれる人」は好感を持たれますが、時間が経つにつれて裏目に出てきます。

「迎合(げいごう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

する 迎合 する 迎合

意味は「迎合」とほぼ同じ、「好かれるために自分の考えを持たず媚びを売り、相手の言いなりになること」です。 あなたの同僚でなぜか分からないけど上司に気に入られている人がいたら、うまく迎合している可能性があります。 使い方は例文を参考にしてください。

7
取引先といって「 迎合」ばかりしていては信頼をなくしてしまう 例文のように、 「迎合」することは恥ずべきことという意味で使うことが多いです。

ポピュリズム

する 迎合 する 迎合

尻尾をふる 意味:力のある者に気に入られるように振る舞う。 迎合をやめた時に、途端に相手の態度や様子が変わるということは、 都合良く合わせていたあなたを見ているだけで、本当のあなたを見ているわけではなかったということです。 そこで、 「 上司に嫌われたくないからとりあえず Aにしとこう」 と判断するようなことを「 迎合する」と言うのです。

つまり、社会的権力のある人々が話し合いを重ねて決定していく政治ではなく、一般大衆のその時その時の感情や願望を政治に反映させるという政治体制ということになります。 「迎合」の意味は、 上司との付き合い方を例にすると分かりやすいでしょう。

「迎合」の意味とは?使い方や類語・英語表現も解説【例文あり】

する 迎合 する 迎合

相手の思考や意見を尊重しつつ、自分の意見を述べることは物事をよりよくする為の 「協調性」に繋がるのです。

2
また、「社会に迎合する」や「社会の風潮に迎合する」などと 人物以外にも「自分の意見を曲げてでも同調する」という場面には使用することができます。 それは「相手の意見との食い違い」である。