租税 特別 措置 法。 「中小企業者等」と「中小法人等」は違う!優遇税制について紹介

租税特別措置法84条の2の3第1項

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

)が、当該従前の宅地に係る仮換地にその居住の用に供している家屋(当該家屋でその居住の用に供されなくなったものを含む。 第三章 の特例• 二 当該国外公社債等の利子等については、これを内国法人から支払を受けるものとみなす。

(平23課個2-35、課審4-47追加、平24課個2-34、課審5-28改正)• 二 期限後申告書 国税通則法第十八条第二項に規定する期限後申告書をいう。

平成31年4月1日以降の登録免許税に関するお知らせ:法務局

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

(借入金等の借換えをした場合) 41-16 新築等(敷地の取得を含む。 (1) その家屋と一体として取得した当該家屋の電気設備、給排水設備、衛生設備及びガス設備等の附属設備の取得の対価の額• )に係る年分において同条の規定を適用するときにおいても、当該選択をし適用した同条第6項又は第10項の規定を適用することに留意する。

第41条((住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除))関係 (昭55直所3-20、直法6-9) (居住の用に供した場合) 41-1 措置法第41条第1項、第6項、第10項、第13項及び第16項に規定する「その者の居住の用に供した場合」とは、同条第1項に規定する居住用家屋(以下第41条関係において「居住用家屋」という。

平成31年4月1日以降の登録免許税に関するお知らせ:法務局

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

)の長の第四号に掲げる事項を証する書類を添付して、これを勤務先等及び第一項の規定の適用を受けようとする財産形成住宅貯蓄の預入等をしようとする金融機関の営業所等を経由し、最初にその預入等をする日までに、その者の住所地の所轄税務署長に提出した場合に限り、適用する。 34の2-9• 31の2-9• しか適用がありません。 <適用要件>• 確定申告書(期限内申告書)• 33-8• 37-29• 4 第一項の規定は、その者が、次に掲げる事項を記載した申告書(以下この条において「財産形成非課税住宅貯蓄申告書」という。

一の 二 居住者又は非居住者 それぞれ所得税法第二条第一項第三号又は第五号に規定する居住者又は非居住者をいう。 11 新幹線鉄道の建設に係る不動産の所有権の移転登記等に対する登録免許税の免税()• )を、同法第二条第二号に規定する賃金の支払者(所得税法第百九十四条第七項に規定する給与所得者の扶養控除等申告書の提出の際に経由した支払者に限る。

租税特別措置法(山林所得・譲渡所得関係)の取扱いについて 前文|国税庁

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

以下この項において同じ。 31の2-23• 35-5• 第二章 の特例• )を有する者が当該権利の設定されている土地(以下この項において「底地」という。

4
37-21の2• なお、地方税法の特例は、地方税法附則に規定されている。

京都市:登録免許税の軽減を受けるための住宅用家屋証明について

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

ただし、その家屋がその所有者の居住の用に供されなくなった日から同日以後3年を経過する日の属する年の12月31日までの間に譲渡されたものであるときは、 2 の要件に該当するかどうかは、その家屋がその所有者の居住の用に供されなくなった時からその家屋の譲渡の時までの間の状況により、 3 の要件に該当するかどうかは、その家屋がその所有者の居住の用に供されなくなった時の直前の状況により判定する。 以下41-5までにおいて同じ。

5
二十の 二 連結利益積立金額 法人税法第二条第十八号の二に規定する連結利益積立金額をいう。 以下この項において同じ。

租税特別措置法

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

31の3-14• 第六章 等の特例• 以下この条において「国外一般公社債等の利子等」という。 第六節 資産の譲渡の場合の課税の特例• H28. 同法第七十二条第一項各号に掲げる事項を記載したもの ということになっています。 37-25• 31の3-18• 35-3• 第七節の四 内国法人の外国関係会社に係る所得等の課税の特例• 一定のソフトウエア• ロ マンション建替組合が、組合員に対する売渡請求権の行使又は組合員からの買取請求により取得する施行マンションの区分所有権又は敷地利用権の取得の登記• この租税特別措置法に規定する特別償却は、いろいろな産業政策や住宅政策など、投資の促進等を目的とする政策上の要請から、一定の場合に特例的に、通常よりも 償却限度額を大きくすることができるというものです。

4
35の2-5• 36の2-8• 37-11の8• 33-30•。

租税特別措置法施行令

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

(2) 土地等と一括して建物等を取得した場合における当該建物等の取壊し費用の額(発生資材がある場合には、その発生資材の価額を控除した残額。 (令元課資3-3、課個2-20、課法11-5、課審7-3追加) (被相続人居住用家屋の範囲) 35-10 被相続人から相続又は遺贈により取得した家屋が、措置法第35条第4項に規定する「相続の開始の直前において当該相続又は遺贈に係る被相続人の居住の用(対象従前居住の用を含む。

(居住用土地等のみの譲渡) 35-2 その居住の用に供している家屋(当該家屋でその居住の用に供されなくなったものを含む。

京都市:登録免許税の軽減を受けるための住宅用家屋証明について

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

次に、租税特別措置法上の「中小企業者等」に適用される優遇措置について見ていきます。

)を受けた同法に定める認定計画(以下「認定民間都市再生事業計画」という。