キンモクセイ 歌詞。 キンモクセイ 波 歌詞&動画視聴

【歌詞 +読み方,意味】『キンモクセイ』オレンジスパイニクラブ~言葉の意味・読み方も~

歌詞 キンモクセイ 歌詞 キンモクセイ

1つはシンプルに面白いと思った歌詞のフレーズ 「夏の終わりの初夏の気温」です。 そして、ここで綴られている『 反対方向』というフレーズに注目したいと思います。

16
その姿からは、またこの先も同じ過ちを繰り返すのではないかという青二才的な状況に 微笑ましさすら感じられるフレーズです。

【オレンジスパイニクラブ/キンモクセイ】歌詞の意味を徹底解釈!初恋の君を想起して…

歌詞 キンモクセイ 歌詞 キンモクセイ

君が反対方向を向いていることに切なさを感じさせるトリックが仕掛けられているのですが、ここは金木犀の花言葉にもあるように 「陶酔」している主人公の色がとにかく強い。

いろいろ話したいし、伝えたい事だらけなのに、ずっと考えてるのにいざその好きな人を目の前にすると緊張しちゃうみたいな感じ。 楽曲「キンモクセイ」がTikTokで使われたことがキッカケで、各種音楽配信サイトで上位にランクインしています。

キンモクセイ 波 歌詞&動画視聴

歌詞 キンモクセイ 歌詞 キンモクセイ

歌手: 作詞: 作曲: ラーラララーラーラララー ラーラララーラー ラーラララーラーラララー ラーラララーラー よけいな事を 考えていると 頭の中が くさってしまうよ ほらまた一つ しわが増えてきた 時計の針が 2週半したよ 5週半したよ もう時間だよ ぼくらはまだまだ風の子でいたいね いつまでたってもけんかとかしたいね 走って転んで擦りむいて泣いて いつまでたっても走り続けたいね 転び続けたいね 遊び続けたいね 好きなら好きで 嫌いなら嫌い はっきりすると すっきりもするよ どっきりもするよ うっかりもするよ ぼくらはまだまだ風の子でいたいね 昔の自分だって自分じゃないか 走って転んで擦りむいて泣いて いつまでたっても笑い続けたいね 遊び続けたいね 走り続けたいね ラーラララーラーラララー ラーラララーラー ぼくらはまだまだ風の子でいたいね いつまでたってもけんかとかしたいね 走って転んで擦りむいて泣いて いつまでたっても走り続けたいね 転び続けたいね 笑い続けたいね 遊び続けたいね ラーラララーラーラララー ラーラララーラー…. そして、ここでは主人公の マイナスな面が描写されています。

そんな金木犀の 花言葉には『 謙虚』『 初恋』という意味合いがあります。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

【歌詞 +読み方,意味】『キンモクセイ』オレンジスパイニクラブ~言葉の意味・読み方も~

歌詞 キンモクセイ 歌詞 キンモクセイ

それでは回想の中身をのぞいていきましょう。 そしてとにかく伝わるのは、主人公が君に夢中であること。 多くは語らずとも分かり合えるその関係を愛おしんでいるのです。

5万人と、知る人ぞ知るバンドというイメージ。

オレンジスパイニクラブ|キンモクセイの歌詞とメンバーのwikiプロフ

歌詞 キンモクセイ 歌詞 キンモクセイ

この時点で「あっ」と気付いた方も多いかと思いますが、回想の舞台は夏です。 担当:ドラムス、コーラス• 楽曲について 2018年12月7日にYouTubeでMVが公開され、公開1年半ほどで再生回数は600万回を突破! YouTubeのチャンネル登録者数は4. その足跡を振り返り、思い出の数に 幸福感を覚えつつも、その間にも過ぎ去っていく現在に対して 焦燥感を抱いているのではないでしょうか。 出身地:福島県 「ザ・童貞ズ」のころには、ファンとしてその楽曲をコピーして演奏していて、対バンしたときに、ちょうどドラマーがいなかったので「入れて!」って言って加入することになりました。

12
ちなみに冒頭歌詞は歌い出しだけではなく最後の歌詞にも起用されています。 サビ1 やっぱビビッときてるよ 君のイメージ金木犀よ 香りまで妄想しちゃうなんてバカね 夏の終わりの初夏の気温は 気持ちをとっくにのせてた 最高 あんた最高 グッときた心臓バンっと割れる 「君のイメージ金木犀よ」という鮮烈な歌詞が目立つサビ1。

【歌詞 +読み方,意味】『キンモクセイ』オレンジスパイニクラブ~言葉の意味・読み方も~

歌詞 キンモクセイ 歌詞 キンモクセイ

この「キンモクセイ」という曲を、毎年夏の終りに金木犀の香りをかぐと思い出すようになりそうですね。 というのも 金木犀が咲く季節は秋なんですよね。 まるで死んでいる状況のような日々でも、 あなたの存在が 生きる希望になるといっているのではないでしょうか。

12
その中で、君がいることが「 生の継続」に繋がるほど偉大であるといっています。 季節のエモーショナルな情景を肌で感じられるような楽曲でした! まさに夏の終わりに大切な人を思い浮かべながら聞きたくなりますね。

キンモクセイ むすんでひらいて 歌詞

歌詞 キンモクセイ 歌詞 キンモクセイ

ここから読み取れることは、 君と出会った日が夏の始めだったということではないでしょうか。 秋が過ぎ去り季節が巡っていく様の比喩 あなたと出会ったことで、日常に色が付き日々の速度も加速。 すぐ 傍にあるはずのものが掴めないもどかしさが込められています。

12
無邪気が過ぎた僕を叱って… と綴られていることからも分かるように、本楽曲の中身は主人公の回想。 しかし 「キンモクセイ」のMVが送られてきて、「これやるから戻ってきて」と言われて再加入し、本気でやろうと決心しました。

キンモクセイ 風の子 歌詞&動画視聴

歌詞 キンモクセイ 歌詞 キンモクセイ

当時一人だけ福島県に住んでいたのでバスで3時間の距離を通っていました。 夏の終わりを横目に、 晴れ切らない心と募る 焦燥感が主人公を飲み込んでいきます。 夏も冬も春も秋もずっと あなたは僕のとなりにいた つよく僕の手をにぎりしめてた 夢を語り合いしゃべり疲れた長い時間を いつかもう一度 また会おうも 気をつけても まともなありがとうさえも さようならも 言えないまま 夕日でまっかっか いつか君は僕を忘れるの? それなのに君のイメージは金木犀。

ひとりの部屋でただあなたを想い憂う主人公の背中が見えてきます。