不撓 不屈。 「不撓不屈」の意味・読み方・使い方の例文。英語&類義語、座右の銘にいい理由

四字熟語「不撓不屈 (ふとうふくつ)」の意味と使い方:例文付き

不屈 不撓 不屈 不撓

』(日本経済新聞社、1980年、のち講談社文庫、1983年。 彼女は、どんな失敗さえも原動力に変える 不撓不屈の精神を持っている。 日本経済新聞への批判 [ ] に、高杉は『乱気流-小説・巨大経済新聞』(上・下)を上梓した。

徳間文庫、1993年)• しかしながらこの小説を読む機会があった他の多くの人々、特に若い層は、この小説から心に触れる印象を得た。

「不撓不屈」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

不屈 不撓 不屈 不撓

。 百折不撓(ひゃくせつふとう)• 冒頭の社長死去の場面のみ、日本触媒化学工業(現:)の八谷泰造社長がモデル。

2
だが、アブはもともと西南部に棲息し、またいつ闖入してくるかわからないので、ミシシッピ検疫所はあいかわらず何か対策をたてる必要に迫られている。 忠()である。

不撓不屈 (ふとうふくつ)とは【ピクシブ百科事典】

不屈 不撓 不屈 不撓

最高裁判例:• 「不撓不屈」の使い方と例文 「不撓不屈」は強い決意をもって使う言葉 「不撓不屈」は座右の銘としてもよく登場する四字熟語で、スポーツ選手が「封筒不屈」を用いて意気込みを語るシーンもよく見かけます。 製薬会社のの営業活動を描写。

3
「僕は不撓不屈の精神でこの会社を大きくする」 「〇〇の精神」「〇〇の意思」などという形で使われることが多い言葉です。

不撓不屈(ふとうふくつ)とは何? Weblio辞書

不屈 不撓 不屈 不撓

1辺りから猛威を奮うようになってきたや、他の職だと治す手段が限られるをお手軽に解除出来るのも便利である。 不撓不屈 ふとうふくつ : 強い意志をもって、どんな苦労や困難にも決してくじけないこと 「不撓不屈」の意味を詳しく 不撓不屈は、「不撓」と「不屈」の二つの熟語から成り立っています。 スポーツや勉学に対して、またはビジネスシーンでも使えそうですね。

14
のち改題して『人事異動』(、1982年。 まさにかがやかしい科学の勝利だった。

【不撓不屈】ふとうふくつ の[意味と使い方辞典]|四字熟語データバンク【一覧】

不屈 不撓 不屈 不撓

「不撓」は「たわまない」というニュアンスからくじけない事を指し、「不屈」はどのような困難にあたっても意思を貫く様を示すものである。 その他には、「~の努力」「~の態度」「~の姿勢」などもよく使われます。 学生の皆さんはこの古めかしい言葉をきいて、あまりピンとこないかもしれません。

17
「不撓不屈」の意味とは? 「不撓不屈」の意味は「くじけないこと」 「不撓不屈」は「ふとうふくつ」と読み、強い意志を持ちいかなる困難や失敗にもくじけないことを指した言葉です。 「金儲け主義と絶縁し、職業会計人の職域防衛と運命打開を目指す。

【不撓不屈】

不屈 不撓 不屈 不撓

オストロフスキーにあって私たちを打ったものは、その不撓不屈な意志で自分の生命を可能なあらゆる方法によって階級の発展のために役立てようとした現実の姿である。

16
「不撓不屈」の由来は「漢書」 「不撓不屈」の由来は、中国の正史「二十五史」のなかの『漢書』にある「叙伝第七十下」で、楽昌候となった王商の人柄を表した一文として「不撓不屈」が記載されています。

貴乃花「今後も不撓不屈の精神で」/おもな横綱口上

不屈 不撓 不屈 不撓

その根底には、『自利利他』、すなわち自分の利益とは、他人の利益を実現することにある、との揺るがぬ信条があった。 「撓」は「たわむ」(撓む)を指すものであり、「撓む」とは、他から力が加えられて曲がる事を指す。 その様子からこの「不撓不屈」の「撓」の字は「くじけること」に例えられています。

15
面接で「不撓不屈」を座右の銘として紹介したなら、具体的なエピソードが不可欠だ。