バラシクロビル アスペン。 Aspen社との提携についてのお知らせ

バラシクロビル顆粒50%「アスペン」│お薬事典│バラシクロビル顆粒50%「アスペン」の詳細情報ならここカラダ

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

本剤の活性代謝物であるアシクロビルの曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する危険性が高い。 , Expert Opin Drug Metab Toxicol, 8, 1565-1577, 2012. 授乳中も同様で、止むを得ず使用する場合は、授乳を避けてください。 性器ヘルペスの再発抑制 用法・用量• めまいやふらつきが現れることがあるため、高所作業や自動車の運転等危険を伴う操作をする際にも注意が必要です。

20
2 作用機序 23),25)~29) バラシクロビルは投与後、速やかにアシクロビルに変換される。

オーソライズドジェネリック(AG)一覧表まとめ

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

2).汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病。 成分名(商品名) 屋号 「〇〇」部分 製造販売元 対応先発品 備考 アナストロゾール錠1㎎ DSEP 第一三共エスファ アリミデックス錠1㎎ アムバロ配合錠 サンド サンド エックスフォージ配合錠 アムロジピンOD錠10㎎ ファイザー ファイザー ノルバスクOD錠10㎎ アムロジピンOD錠2. 免疫正常患者において、性器ヘルペスの再発抑制に本剤を使用している際に再発が認められた場合には、1回500mg1日1回投与(性器ヘルペスの再発抑制に対する用法・用量)から1回500mg1日2回投与(単純疱疹の治療に対する用法・用量)に変更すること。 お薬を使用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。

5
免疫正常患者において、性器ヘルペスの再発抑制に本剤を使用している際に再発が認められた場合には、1回500mg1日1回投与(性器ヘルペスの再発抑制に対する用法・用量)から1回500mg1日2回投与(単純疱疹の治療に対する用法・用量)に変更すること。

オーソライズドジェネリック(AG)一覧表まとめ

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

ラットにおいて、バラシクロビルの加水分解活性は肝、腎、胃及び小腸粘膜に認められ、特に肝で高い活性を示した。 オーソライズドジェネリック(AG)表完全版 2020. また、バラシクロビル500mgを1日2回(12時間毎)又は1000mgを1日3回(8時間毎)6日間反復経口投与した場合、数回の投与で血漿中アシクロビル濃度は定常状態に達し、トラフ濃度の平均はそれぞれ0. [本剤投与後、活性代謝物のアシクロビルがヒト乳汁中へ移行することが報告されている(「薬物動態」の項参照)。

14
5㎎ 未収載 販売承認〇 パロキセチンCR錠25㎎ アスペン アスペン パキシルCR錠25㎎ パロキセチン錠10㎎ アスペン アスペン パキシル錠10㎎ パロキセチン錠5㎎ アスペン アスペン パキシル錠5㎎ ピオグリタゾン錠15㎎ 武田テバ 武田テバファーマ アクトス錠15㎎ ピオグリタゾン錠30㎎ 武田テバ 武田テバファーマ アクトス錠30㎎ ビカルタミドOD錠80㎎ DSEP 第一三共エスファ カソデックスOD錠80㎎ ビカルタミド錠80㎎ DSEP 第一三共エスファ カソデックス錠80㎎ ピタバスタチンCaOD錠1㎎ KOG テイカ製薬 リバロOD錠1㎎ ピタバスタチンCaOD錠2㎎ KOG テイカ製薬 リバロOD錠2㎎ ピタバスタチンCaOD錠4㎎ KOG テイカ製薬 リバロOD錠4㎎ ピタバスタチンCa錠1㎎ KOG テイカ製薬 リバロ錠1㎎ ピタバスタチンCa錠2㎎ KOG テイカ製薬 リバロ錠2㎎ ピタバスタチンCa錠4㎎ KOG テイカ製薬 リバロ錠4㎎ ファスジル塩酸塩点滴静注用30㎎ 旭化成 旭化成シンメッド エリル点滴静注液30㎎ 未収載 販売承認〇 フェキソフェナジン塩酸塩錠30㎎ SANIK 日医工 アレグラ錠30㎎ フェキソフェナジン塩酸塩錠60㎎ SANIK 日医工 アレグラ錠60㎎ フリウェル配合錠LD あすか あすか製薬 ルナベル配合錠LD フリウェル配合錠ULD あすか あすか製薬 ルナベル配合錠ULD フルマゼニル注射液0. 脱水症状• なお、肝障害のある患者での臨床使用経験は限られている。

バラシクロビル顆粒50%「アスペン」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

単純疱疹• 3 食事の影響(外国人における成績) 8) 食事により血漿中アシクロビルの最高血漿中濃度到達時間は僅かに遅延したが、AUCに有意な差を認めなかった。 10.水痘の治療における本剤の使用経験は少ないため、本剤を水痘の治療に用いる場合には、治療上の有益性と危険性を勘案して投与する。 各効能・効果に対し設定された用法・用量で投与した場合、本剤投与時のアシクロビル曝露は、アシクロビル経口製剤投与時よりも高いことから、副作用の発現に留意すること(「重要な基本的注意7. 4 腎機能障害者における薬物動態 17) 透析患者(クレアチニンクリアランス値平均0. , J Biol Chem, 270, 15827-15831, 1995. 副作用 主な副作用として、発疹、蕁麻疹、かゆみ、光線過敏症などが報告されています。

6
本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す患者(免疫正常患者においては、おおむね年6回以上の頻度で再発する者)に対して行うこと。 (過量投与) 1.徴候、症状:本剤の過量投与により、急性腎障害、精神神経症状(錯乱、幻覚、激越、意識低下、昏睡等)が報告されており、嘔気・嘔吐が発現する可能性も考えられる(なお、これら報告例には、適切な減量投与が行われなかったために過量投与の状態となった腎障害患者又は高齢者における例が多く含まれていた)。

医療用医薬品 : バラシクロビル (バラシクロビル顆粒50%「アスペン」)

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

:Infection, 15, 261-262(1987) 6 東 純一ほか:臨床医薬, 14, 2683-2700(1998) 7 Soul-Lawton J, et al. バラシクロビルは ウイルスの増殖を抑えるだけでなく、皮疹の発現を抑えたり、皮膚の病巣の悪化を抑える効果もあります。 においはないか、わずかに特異なにおいがある。 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。

4
治癒後は必要に応じ1回500mg1日1回投与(性器ヘルペスの再発抑制に対する用法・用量)の再開を考慮すること。

バラシクロビル顆粒50%「アスペン」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

アスペン バラシクロビル アスペン バラシクロビル

併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

4).水痘:バラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する• お腹の痛みはのけぞると強くなり、かがむと弱くなる。